外反母趾や内反小趾、扁平足に伴う痛みなど、
様々な「足の痛み」についての情報サイト

文字サイズ:
  1. HOME
  2. 足が痛むわけ
  3. 足の仕組み

足の痛むわけ

まず、足の構造をよく理解してなぜ足が痛むのかを考えましょう。

足の仕組み

まず、足の構造をよく理解してなぜ足が痛むのかを考えましょう。人間の足はご存じの縦アーチ(土踏まず)に加えて横にもアーチがあります。そして縦だけでなく横のアーチが崩れても扁平足になります。この縦横のアーチ構造により、正常な足では踵、母趾と小趾の三点で体重を受けています。アーチのおかげで人間は二足で歩いて前進することが出来ます。

正常な足では踵、母趾と小趾の
          三点で体重を受けています。

足先の形にはエジプト型(母趾が長い)、ギリシャ型(第2趾が長い)、正方形型(母趾から第5趾までの長さが同じ)の3種類があります。

エジプト型、ギリシャ型、正方形型の3種類
足が痛むわけ
全国の足の外科ドクター 日本全国の整形外科施設を検索出来ます。
足の痛み.comはリンクフリーです

「足の痛み.com」はリンクフリーです。(トップページだけでなく、各ページへのリンクについても、同様です。) リンクを行う場合、許可や連絡は必要ありません。

Share (facebook)
LINEで送る
▲ページの先頭へ