外反母趾や内反小趾、扁平足に伴う痛みなど、
様々な「足の痛み」についての情報サイト

文字サイズ:
  1. HOME
  2. それでも足が痛い場合
  3. 変形性関節症の手術

それでも足が痛い場合

それでも足が痛い場合、手術によって治療することができます。

変形性関節症の手術

足の変形性関節症の原因と部位
長年の酷使や骨折後に起こる足の変形性関節症のよく起こる場所は、母趾の付け根(強剛母趾)、中央部の関節(リスフラン関節症)、後足部の足関節症などです。
手術の適応のタイミング
いずれの部位でも関節の軟骨が少なくなり、歩行時に痛みが出てきた患者さんで、注射や飲み薬、さらには靴の中敷き(足底板)などでの治療の効果がなくなってきた人を対象とします。
手術の種類
前足部の強剛母趾は本来の関節の丸みが生まれつき平坦になっており、長い間に徐々に軟骨が消失して痛みを伴って起こります。軟骨が少し残った軽傷の場合には骨の刺を取って関節をスマートにする手術を行い、進行して軟骨がなくなるとプレートを使用して固定術を行います。
中足部の関節症(リスフラン関節症)は外反母趾に伴なったり、外傷による脱臼後に起こります。これに対してはプレートを使用して固定術を行います。
足関節症の手術は60歳以下の若い人には関節固定術を行い、60歳以上の人で決まって長時間の立ち仕事などをしない人には人工足関節を行います。
以下には強剛母趾と中足部のリスフラン関節症
固定術のX線写真を紹介します。
強剛母趾
強剛母趾 術前術後
リスフラン関節症
リスフラン関節症
術後の治療
強剛母趾の手術のうち、軽症例に行う関節の辺縁の骨棘を切除する場合には、痛みの状態を考慮しながら術直後から関節を動かすリハビリを開始します。固定術を行う重症例には、やはりギプス固定を4週間行いますが、当初からギプスの踵を床に着けて、最初は松葉杖や歩行器で両足にて歩行します。抜糸が終わって新しいギプスには踵を着けてもらって、その部を床に着けて荷重をかけて歩行します。ギプスが取れたあとは、軽症例と同様に母趾の最も先端の関節を動かすリハビリを強力に行います。
リスフラン関節症の術後はギプス固定を4週間行いますが、当初からギプスの踵を床に着けて、最初は松葉杖や歩行器で両足にて歩行します。抜糸が終わって新しいギプスは踵を着けてもらって、その部を床に着けて荷重をかけて歩行します。ギプスが取れたあとは、足趾を動かす体操を欠かさず行い、アーチが崩れて再発しないように縦アーチの付いた足底挿板を着けて歩行を行います。
合併症
強剛母趾において、軽症例では残存する軟骨の程度により、痛みが残ることです。重症例で認められる合併症は固定を掛けようとした母趾の付け根の関節の骨同士が癒合しないことが、時に起こります。しかし、ここに紹介したようなプレートが輸入されて使用されるようになってからは、そのような合併症が少なくなりました。
リスフラン関節症も同様にしばしば認められる合併症は関節症に陥った関節の骨同士が癒合しないことが、時に起こります。しかし、ここでもプレートが輸入されて使用されるようになってからは、そのような合併症が少なくなりました。
全国の足の外科ドクター 日本全国の整形外科施設を検索出来ます。
足の痛み.comはリンクフリーです

「足の痛み.com」はリンクフリーです。(トップページだけでなく、各ページへのリンクについても、同様です。) リンクを行う場合、許可や連絡は必要ありません。

Share (facebook)
LINEで送る
▲ページの先頭へ